<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

一年ぶりくらいの台湾。去年来た時は松山空港の方だったけれど今回は桃園空港。こちらはものすごくきれいなんでびっくり。
b0063396_17144335.jpg

今回は別件で来てたのだけれど、たまたまタイミング的に台北市立美術館でやっている「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」がギリギリ見れた。
自分の関わった作品がいろいろな国の人々に見てもらえるのはほんとうにうれいしい。。
b0063396_1773563.jpg

b0063396_1771520.jpg

裕奈も落ちてくる文字を必死に追いかけ回していた(笑)
b0063396_178369.jpg

b0063396_178630.jpg

[PR]
by mjuc | 2013-08-22 17:05 | installation
今日は一昨日に引き続き、ヴァイオリンとヴィオラのレコーディング@スタジオメック
演奏はたびたびお世話になっている、美緒ちゃんと歌花ちゃん。
この日は一気に7曲ものレコーディングで、果たして一日で終わるだろうかと
ちょっと心配だったんだけれど、二人ともさすがでした。ほぼ時間内には終了。
やはり生の弦はいいな。。
b0063396_2319211.jpg

b0063396_23192772.jpg

[PR]
by mjuc | 2013-08-11 23:15 | work
先週の歌録りに引き続き、今日はチェロのレコーディング。
チェロは歩ちゃん。nature bluntの1stアルバムでも弾いてもらっていて、
その時にとてもいいインプロを弾いてくれていたので、今回もきっと何か
いいフレーズを弾いてくれるだろうと勝手にお任せ状態にして(笑)演奏してもらいました。
(あっもちろんちゃんと楽譜を用意したところもたくさんありますが(笑)。
案の定、テンションあげてギタリストか!って思うようなフレーズを弾いてくれました。
b0063396_23124789.jpg

ちなみに今日のマイクはノイマンのM149。初めて使ったんだけれどなかなか中低域がふくよかで
よかった。
b0063396_23131471.jpg

[PR]
by mjuc | 2013-08-08 23:10 | work
鹿児島はとてもひろくて、しかも今回訪れているおおすみは鹿児島市内からもずいぶんと離れた地域で、緑り深い自然に囲まれたとても美しいところ。
 朝起きると目の前がこんな感じ(笑)。ほんとこれだけでも普段都市に住んでいると、贅沢な感じがする。
b0063396_22291119.jpg

2日目はなんだかんだと、一日、パフォーマンスの準備に追われ、合間合間で他の参加アーティストのパフォーマンスを見に行ったり。。一緒に連れて行っていた裕奈は川で泳いだり。。参加アーティストのひとたちも、みんな合宿のような感じで滞在しているので、ちょっとした修学旅行のような気分。
b0063396_22335390.jpg

3日目は今回僕のパフォーマンスにも参加してくれている穴井くんの特別授業。
しかもちゃんと元中学校の校舎をつかって!(ちなみにこの川上中学校は指定重要文化財になっている。)穴井くんの授業は振動を光に返る仕掛けをつかった工作をさせるというもの。子供からおじいちゃんおばあちゃんまでの参加で楽しい授業に。
b0063396_22401224.jpg

b0063396_22402627.jpg

最終日は志布志の島津楽器で、田口和行氏作曲の10台のピアノのための作品の演奏。
b0063396_22422391.jpg

10台のピアノを集めるだけでもたいへんだけれど、10台のピアノのための曲を書いた田口さんも
かなり大変だっただろうなと。10台のピアノがいっぺんに鳴る響きはとてもダイナミックでした。
僕も10人の一人として演奏に参加させてもらいました。
b0063396_22422864.jpg

そのあと、僕とJOUさんと穴井くんとのパフォーマンス。(残念ながら写真がないけれど)
そして、クロージングはホールにて、松本くん、POL、田中悠美子さん、JOUさん、岩下さん、そして僕、あとはなぜか裕奈までJOUさんとともに踊っていた。
(ちなみに僕が弾いているこのピアノはこの直前、エドツワキさんとコトリンゴさんのパフォーマンスでペインティングされたばかりのピアノ)
b0063396_22483686.jpg

b0063396_2248508.jpg

b0063396_22498100.jpg

ちなみにこの裕奈の格好、この芸術祭の中にあった「クロノス」という作品で、カツラとめがねと青いドレスが用意されていて、誰が着てもクロノスになってしまうという、クロノスがどんどん増殖するという作品。(いとも簡単に人の個性をはぎ取ってしまうのはすごいなぁと思う。)
b0063396_22584942.jpg

僕も御覧のように。。
b0063396_22592323.jpg

で、最後の締めのスピーチもなぜか裕奈がやって(笑)
b0063396_22491766.jpg

なんかとても楽しい、芸術祭でした。
主催の松本さん、JOUさん、ほんとうにお疲れさまでした!!
[PR]
by mjuc | 2013-08-04 22:25 | performance
昨年も参加させてもらった、おおすみーかごしま芸術祭2013(昨年はおおすみ夏の芸術祭)に今年も呼んでいただいた。
b0063396_21324583.jpg

 まずは鹿児島についたその足で日本有機株式会社さんにおじゃまさせてもらい、合鴨農法の事などを伺い、さらにかわいい生まれたての合鴨ちゃんを見せてもらったあと、鴨鍋をつつきつつ(ある意味、シュールではあるけれど、これも食育ということで)加藤種男さんによるトークを拝聴。
b0063396_2131855.jpg

b0063396_2134210.jpg

 実はこれも今回、参加のために訪れているおおすみーかごしま芸術祭2013の一環。
http://osumiart.exblog.jp/20370806/
この芸術祭には「セカンドホームタウン」『「おかえり、ただいま」という関係を作る』というテーマがあって、人々がもつエネルギーと地域の可能性を考える芸術祭でもある。その中には当然「食」も含まれているし、その土地でないと得られない文化、それを支える人たちが軸となっている。

 今、時代の趨勢としてはグローバリゼーションが世界を覆いだしていて、おそらくその勢いは止まらないだろうし、ある意味それが世界の経済的均衡にも繋がっていくのじゃないかという期待もなくはないのだけれど、その対極としてこういったローカリゼーションの部分を常に意識しておかないと、それこそ文化的均衡になってしまっては世界がつまらないものになってしまう。しかもローカリゼーションはとても時間もかかるから、今のうちから動いておかないといけないなと強く思う。
[PR]
by mjuc | 2013-08-01 21:12 | performance
先日、高知へ行って最終調整をしていた作品、昨日(7/31)から上映が始まりました。
NHK大河ドラマ『龍馬伝』で使用された日本家屋を使った作品で龍馬の足跡をシンボリックに追った作品です。
10月までやっているようなので、高知へお寄りの際には是非!
b0063396_1881447.jpg


この日本家屋のセットは本当によくできていて、中を見て回るだけでも楽しいです。
この家屋を歩き回ると、どこからともなく、その当時の物音が聞こえてくるようにもなっています。

b0063396_1895677.jpg

b0063396_1810084.jpg

[PR]
by mjuc | 2013-08-01 17:59 | installation

Hideaki Takahashi


by mjuc