日々、遊び。

 最近、全ては遊びだ、と思うことにしている(笑)。いや、実際、世の中的にいえば、限り無く遊びに近いことをやっているほうに違いないから、そう思うことは間違いじゃないと思う。
 特に、音楽やらアートやらって、遊んでいる感覚を失うと、とたんにつまらないものになってしまいがちだから。

 よく小学生のころ、早く学校からかえって、自分の世界に没頭したかったのを覚えているが、まさに、あの感覚を忘れてはいけないんだと思う。
もちろん、締め切りに終われていたりすると、そういう心持ちを失いやすいけれど、、基本は、「さて、今日は何を創ろうかな」とワクワクしないとね、、。
 
 それにしても、またたく間の一週間であった。先週は、今ちょうど日本に帰国しているHideyoさんが、新しいアルバムに入れる曲の打ち合わせのためうちにきて、スケッチ代わりのラフレコーディング。何テイクかとったものをもとに、これから何回か仕上げに向けてのキャッチボールをやることになりそう。それにしても、Hideyoさんとは、もうかれこれ3年くらい会っていなかったたとは、、。日が、というより年単位で時間が過ぎていく。
 
 次の日には松尾さんや濱中さんと『アワーブリンク』のリリース版の打ち合わせをし、といっても、それはあっという間に終わり(笑)、飲みながら、中国の行く末やら、インドのカースト制やら、建築家の思考などなど、とりとめもなく楽しい時間を過ごす。
 
 さらに週末にはCartoonNetworkのレコーディングで、今回は子供達の声を録らなくてはいけなくて、またこれが、レコーディングに費やすエネルギーより、ほぼ子供達の相手をするエネルギーがほとんどといってもよく、2歳〜5歳までの男の子3人プラスうちのチビをいれて、はしゃぎまくっていたので、もう頭がクラクラした。本当によく走り回るもんだから、分身の術じゃないけれど、4人が8人くらいに見えた。テイク選びも終わったらもうぐったり。まだ彼等は自分達が何をやっていたかよくわかってないようだから、CartoonNetworkを見て、自分の声が使われているPVがでて来たらさぞ驚くんだろうな。

 一昨日は、SDLXで、AOさんのレコーティングにお邪魔させてもらった。というか今度、朱里の声も教会で録ることになっていて、それ以外のパートがどんな感じに進んでいるのかを知っておくために。和太鼓や、篠笛、それにホーメイの素晴らしい録音が聴けた。AOさんが空気感を大事にしているのがよくわかる。
 そして、明日は、またDeep frameのレコーディング。スムーズに行くとよいな。
またElamで録れるのが楽しみ。
 
 それと、前回お知らせしていた、「アワーブリンク」のダイジェスト版、webのほうで公開しました。このダイジェスト版のほうは当日のライブ映像だけで仕上がっていますが、その分、どんな公演だったかを感じてもらえるんではないかと思います。
是非御覧ください。
http://www.aiding.jp/opera-hourblink/Resources/DIGEST_01.mov

(注:アップされているクイックタイムファイルは容量を軽くするため、画質を多少落としてありますが、
リリース版DVDでは高画質での映像でご覧いただけます。また、オーディオの再生に関してはできれば、
ヘッドフォンもしくはある程度のサイズのスピーカーで聞いていただける事をお薦めいたします。)
[PR]
by mjuc | 2008-03-26 21:35